読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒のお供

お酒を飲みながら読んだら確実に悪酔いします。

フィクション1

彼女はずいぶん酔っているようだった。終電が近くなり、閑散としたホームに冬の風が吹き抜ける。冷たく乾いたベンチから足を投げ出して座るその姿には、言いようのない寂しさが漂っていた。 僕は少し考えたあとで、無機質な低い音を立てている自販機で温かい…