読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒のお供

お酒を飲みながら読んだら確実に悪酔いします。

孤軍奮闘就活日記!(2月)

集中連載『孤軍奮闘就活日記!』

自称大人気連載「孤軍奮闘就活日記!」の目次はこちら

 

こんにちは。

 

これ以降は、月ごとの経過で見ていきますよ。まずは今年の2月からです。この頃のスケジュールについては、手帳に事細かく書かれていますので、これを参考にしながらトピックを拾っていくことにします。それにしても、手帳開くともう2年経つなあって、やっぱ実感するね、なんだか照れたりするね(ツッコミ待ち)。

 

まず、2月といえば大学の期末試験なのであります。休暇が長い分、試験日程が私大よりも遅いのが国立大の特徴ですが、ことしに関してはなんと2月15日が私の期末試験最終日でした。さすがにバレンタインデーを過ぎるとは思わなかったぜ。ちなみに、バレンタインデーはバイト先で生徒から手作りパウンドケーキをもらったよん。どや~。

その後、19日には「国際法演習」という科目を履修していたメンバーで飲みに行きました。これまた私の飲み方がひどいもんなんだなぁ。ソフトドリンクだったら2時間あってもグラス2杯ぐらいしか飲まないのに、アルコールとなるとまるでピッチが違う。7、8倍のペースと言っても過言ではないんですよ。

…と、ここまで就活に関係ない話ばっかりでしたね。失礼、失礼。ここからが本番ですよ。

 

その頃、自宅には「大学生協ウィズナビ」という差出人から郵便物が届きました。27日に大学生協主催で行われる「業界研究セミナー」の資料のようです。就活が動き出している感がひしひしと伝わってきました。中を開けると「セミナー」に出展する企業の紹介がどっさり。誰もが知っている大企業から、従業員数人の零細企業(その後の私の調査により、ちょっとアヤシイ会社であることが推測されました)まで、業種も規模も多岐にわたります。

しかしここで少し慌てる私。…酒造メーカーが1社もないじゃないかっ! お酒にこだわり続けたこれまでの努力は何だったのでしょうか。仕方なく、資料のなかから高級洋菓子メーカーや大手食品メーカー傘下の会社などに目星をつけました。そもそも、これは人生初めての会社説明会です。気楽にいこうや、という心持ちでいたことは間違いありません。会社説明会の雰囲気をつかむだけでもいいよね~、と。

 

そして「業界研究セミナー」当日。服装自由、となっていますが、一般的にはこのような場にはスーツで行くのが無難です。私は塾でバイトをしていたこともあり、新しく買うまでもなくスーツは既に持っていました。それを着ていけば何の問題もないのですが、ちょっとカッコつけてみようと思い、イケてるブレザーにイケてるスラックスという服装でキメました。おっと、良い子は真似しないでね。目立とうとせずにスーツを着ましょう。理由はのちのち分かります。

ここで未来の就活生にアドバイス。3月から活発に始まる合同会社説明会でも同じですが、学生は好きな企業ブースに集まって話を聞くことになります。したがって、その人口密度は有名企業ほど高くなるわけですが、ここで一番のポイントは、クサイ男に近づかないことです。企業ごとの説明は概ね20~30分で行われることが多いのですが、その時間ずっとクサイ男の臭いがしてくるのがどれほどの地獄か分かると思います。

ところで、ここで「クサイ人」ではなく敢えて「クサイ男」と書いているのには一応理由があります。クサイ男は、一般的な女性からは漂わない独特の臭いがするのです。汗とカビが混ざったような臭いです。そもそも、女性は一般的にそういう点に自分自身で気を遣うことが多いですからね。その観点からも、クサイ「男」であることには意味があるのです(男女平等・差別防止という面からの批判を防ぐために言葉選びにも注意して注釈しました。面倒な世の中ですね)。

そして実際に、私はとある企業のブースでクサイ男の洗礼を受けたのです。説明に集中できないことこの上なし。しかも、例によって人口密度が高かったために動こうにも動けないのです。鼻が曲がるほど、というのはまさにこのことでありまして、まともに息などしていることはできません。企業説明の大半を無酸素状態で聞き、意識が遠退きそうになりました。

それにしても、もし私がここで窒息死したらどうなっていたのでしょうか。

「今日の午前11時頃、秋葉原大学生協により開催されていた『業界研究セミナー』で、東京都江東区のPenさん・21歳が死亡しました。警視庁への取材によりますと、Penさんは出展企業の説明を聞いているときに息ができず窒息死したということです。警視庁は、当時Penさんの近くに立っていた男性の体臭が原因と見て、調べを進めています」

なーんてニュースになったりして。

 

さて、私がこの業界研究セミナーで興味を持った企業は1社しかありません。海外戦略に力を入れようとしていた高級洋菓子メーカーです。その後、どのように就活が展開していったのかは次回以降のお楽しみ。

ついに次回は3月です。企業の選考がついに解禁されます。