読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒のお供

お酒を飲みながら読んだら確実に悪酔いします。

孤軍奮闘就活日記!(7月)

集中連載『孤軍奮闘就活日記!』

通称・"微"人気連載「孤軍奮闘就活日記!」の目次はこちら

 

こんにちは。

 

突然ですが、私は就活を進めるなかで最終選考に進んだ企業は19社あります。しかし、前回と前々回に書いた食品メーカーをはじめとして、このあと続々と「最終落ち」を経験していくことになるのです(17社落ちました)。とほほほほ。

ただし、7月に関しては最終選考は一つもなく、これと言って面白いトピックもないんですよ。もちろん、今後も敢えて最終選考に落ちる話ばかりをするつもりではないのですが、それでもこの月の話題性のなさといったら驚愕です。

 

まず、総論から。

7月に受けた企業は全部で5社です。これが一般的に少ないのか多いのか分かりませんが、少なくとも私自身の中では最も企業数を絞った月になりました。もしかすると、7月は意外と募集が少ないのかもしれません。2次募集という時期でもなく、"1次募集"として選考するのは6月が中心ですからね。

この頃から、志望業種を食品メーカーから機械メーカーにシフトしました。6月までの各企業の選考などの際に「食品メーカーは競争率が激しい」という話をしばしば聞いたのと、「別に食品にこだわる理由もないなぁ」と気づいたのとが大きな理由です。

印刷機メーカーや精密機器メーカーなどを回りましたが、あるときは自ら辞退し、あるときはサイレントお祈り*1され、一進一退の日々を送りました。

ひとつ言っておくと、こういう時期は落ち込むことばかりですが、当然のことながらどんどん気持ちを切り替えていった方がいいです。友達と会うとか、カラオケに行くとか。私の場合は一人で抱え込んでしまったので、精神的にひどいことになっていましたよ。

 

…はい。7月のハイライトは以上です。

 

というわけにもいかないので、とある企業で7月に出会ったかわいい女の子の話でもしますかね。いくつかエピソードがあるんですよ。胸キュンエピソードが。

え? 別に興味ない?

じゃあいいや。今日はこの辺で。たまには短くてもいいでしょ。

*1:「お祈り」とは、選考に不合格だったときに送られてくるメールなどに「~さんの一層の活躍をお祈り申し上げます」と書かれていることが多いことに由来して、不採用通知のことを指す隠語。「サイレントお祈り」とは、合否の連絡が来ないまま事実上不採用となること。